JPNEのMAP-E環境(v6プラス)を手に入れるための条件はなかなか高い


はじめに

IIJmioのDS-Liteと似たCGNでMAP-Eというのがあります。
2015/07/20現在、MAP-E環境を手に入れるにはそれなりに条件があったので、それらをまとめてみます。

MAP-E導入に必要な環境

  • ひかり電話対応HGW(対応機種:PR-500シリーズ、RT-500シリーズ、PR-400シリーズ、RV-440シリーズ、RT-400シリーズ、RT-S300シリーズ、PR-S300シリーズ、RV-S340シリーズ)
  • ひかり電話の契約
  • 光ネクスト回線(Bフレッツはダメ)

申し込んでから開通までの時間

私の場合、申込日も含めて3日かかりました。
もっと早く開通して欲しかった。

開通するとどう変わるの?

  • HGWのIPv4 PPPoE項目がグレーアウトする
  • HGWのIPv6 PPPoE項目が消える
  • IPsec VPNを張りに行けなくなる
  • IPv4のGlobal IPを持たなくてよくなる
    こんな感じかな?

申し込みできるプロバイダは?

その他

RouterBoardとかYamahaのルータなどでも、MAP-E使えたらいいんだけどなー。

対応機種情報は@niftyのWebページから引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です