ATUとロッドアンテナで垂直系アンテナを作ってみた


LDG の Z-100Plus を先日購入したので、ATUを使うタイプのアンテナを作って、実際に使い物になるのか実験してました。

材料

  • LDG Z-100Plus (ATU)
  • 4:1 バラン
  • 5.6m ロッドアンテナ
  • スピーカースタンド
  • YAESU FT-891M (無線機)
  • ダイヤモンドアンテナ MAT50 (マグネットアースシート)

組み立て

写真のように、ロッドアンテナを全開に伸ばし、スピーカースタンドに設置し固定。
4:1バランの+側をロッドアンテナに、反対側をマグネットアースに繋ぎ、車のボディーに貼り付ける。
無線機とバランの間にATUを接続し準備完了。

実験

5.6mのロッドアンテナを用いているので、7MHzだと4m程足りず、14MHzより高い周波数は1/4λより長いエレメントになります。

7MHzも含めて、50MHzまでマッチングとることができました!

簡単な運用実験では、7MHzで千葉から広島、21MHzでロシア、50MHzで伊豆大島と交信することができました。結果としては大満足。

7MHzでチューニングに少々時間がかかるので、若干ATUが頑張ってるのかなという印象。他の周波数は瞬時にチューニング取れました。

まとめ

やってみたい構成が実際に動作する事確認できたので大満足。今まで移動運用で7MHzはベースローディングのモービルホイップがメインだったので、これを使えば今までよりまともな運用ができるかなと思ってます。

ロッドアンテナの先端にキャパシティーハットを付けたら、もう少し7MHzのマッチングがしやすくなり、より飛びがよくなるのでは!?と考えているので、後に実験してみたいと思います。

それでは


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です