RouterBoardでEoIPしてみよう


EoIPってなんぞ?

EoIPとは、Etherフレーム(レイヤー2)をIPパケット(レイヤー3)に包んで転送する技術です。
ちなみに、一般的な通信ではIPパケット(レイヤー3)をEtherフレーム(レイヤー2)で包んで転送します。

EoIPを使うと何ができるの?

2拠点間をEoIPでつなぐことにより、同一のネットワークに属することができる。
これによって、ブロードキャストやマルチキャストを用いた通信を2拠点間で簡単に行うことができるようになります。
例として以下のことが2拠点間でできるようになります。

  • Bonjureを使うサービス
  • IPメッセンジャー
  • その他ブロードキャストやマルチキャストを利用しているサービス

ネットワーク図

図のようなネットワークを構築します。
Router1とRouter2間でEoIPトンネルを張り、Router1とRouter2が属する10.0.0.0/24のネットワークを同じセグメントにします。
EoIP_Physical

設定方法

私の実施環境

  • RB2011UiAS-IN
  • RouterOS 6.19

前提条件

  • 上記の図の通りにIPアドレスの設定が終わっていること。
  • 設定方法はWebfig(Web GUI)を用いてます。

Router1側の設定

  1. Interface -> EoIP Tunnel
  2. Add Newで以下のように設定する。
    • Enabled: チェック
    • Name: eoip-tunnel1 (なんでもいいが便宜上指定しています)
    • Remote Address: 10.1.0.2 (Router2のアドレス)
      Router1_EoIP_setting
  3. Bridge -> Ports
  4. AddNewで以下のように設定する。
    • Enabled: チェック
    • Interface: eoip-tunnel1 (EoIP TunnnelのインターフェスであればOK)
    • Bridge: bridge-main (10.0.0.0/24が所属するbridgeであればOK)
      Router1_EoIP_setting2

Router2側の設定

  1. Interface -> EoIP Tunnel
  2. Add Newで以下のように設定する。
    • Enabled: チェック
    • Name: eoip-tunnel1 (なんでもいいが便宜上指定しています)
    • Remote Address: 10.1.0.1 (Router1のアドレス)
  3. Bridge -> Ports
  4. AddNewで以下のように設定する。
    • Enabled: チェック
    • Interface: eoip-tunnel1 (EoIP TunnnelのインターフェスであればOK)
    • Bridge: bridge-main (10.0.0.0/24が所属するbridgeであればOK)

動作確認

簡単に以下の項目が確認できれば成功でしょう。

  • PC1からPC2へpingが通るか? -> Result:OK
  • PC2からPC1へpingが通るか? -> Result:OK
  • Bonjourを使った名前解決はできるか? -> Result:OK

さいごに

L2TP over IPsec over EoIPに挑戦してみようっと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です